メタネーション。CO2をリサイクルして、都市ガスをつくる技術です。 メタネーション。CO2をリサイクルして、都市ガスをつくる技術です。

2050年のカーボンニュートラル実現を目指すDaigasグループ。
メタネーションを軸とした都市ガス原料の脱炭素化をはじめ、
Daigasグループのカーボンニュートラルに向けたさまざまな取り組みをご紹介します。

革新的なエネルギー&サービスカンパニーを目指すDaigasグループの

カーボンニュートラル
に向けた挑戦

CHALLENGES TO CARBON NEUTRALITY

Daigasグループは、地球温暖化対策への社会的要請の一層の高まりを受け、これまでの天然ガス利用拡大の取り組みに加えて、メタネーションなどによる都市ガス原料の脱炭素化、再生可能エネルギー導入を軸とした電源の脱炭素化によって、
2050年のカーボンニュートラル実現を目指します。

2050年
カーボンニュートラル実現へのロードマップ

カーボンニュートラル
ビジョン

当社グループは、メタネーションなどのイノベーションによる都市ガス原料の脱炭素化、再生可能エネルギーの導入を軸とした電源の脱炭素化により、「2050年カーボンニュートラル実現」を目指します。
また、それまでの間も、確実にCO2排出を削減する取組みが不可欠なため、社会全体へのCO2排出削減貢献を進めます。
このような脱炭素社会実現に向けた取り組みを示すために、「カーボンニュートラルビジョン」を発表しました。

2020年〜2050年「イノベーションにより当社グループ事業におけるカーボンニュートラル実現への挑戦」 ● 都市ガス原料の脱炭素化に向けたメタネーション等の技術開発 ● 2030年メタネーション実用化(都市ガス導管注入) ● 再生可能エネルギー導入を軸とした電源の脱炭素化 2050年〜「カーボンニュートラル」 2020年〜2030年「社会全体へのCO2排出削減貢献」● 脱炭素技術確立までに最大限のCO2排出削減貢献を推進● 天然ガス高度利用・海外でのLNG普及拡大・再生可能エネルギー普及を推進 「2030年度目標」再生可能エネルギー普及貢献:500万kW 国内電力事業の再生可能エネルギー比率:50%程度 CO2排出削減貢献:1,000万トン

Daigasグループの強み

  • メタネーション等
    技術の蓄積
  • 再生可能
    エネルギー
    電源の開発・
    運営ノウハウ
  • 自家発電・
    熱需要設備の
    天然ガス
    転換実績
  • 競争力のある
    LNG調達・
    シェールガス
    開発実績

Daigasグループ
「カーボンニュートラルビジョン」
Daigasグループの技術開発情報 Daigasグループの再生可能エネルギー

カーボン
ニュートラルに向けた
メタネーション技術

METHANATION TECHNOLOGY

メタネーションは、CO2をリサイクルして再生可能エネルギー由来の水素と組み合わせることで合成メタンを製造する技術です。
⼤気中に放出されるCO2を回収し、メタネーションの原料としてカーボンリサイクルするため、合成メタンを燃焼しても大気中のCO2の量は実質増加しません。
都市ガスの原料である天然ガスの約9割はメタンが占めています。天然ガスを合成メタンに置き換えた場合、既存のインフラやお客さま先の消費機器をそのまま活用できるため、社会コストを抑え、スムーズにカーボンニュートラル化を推進できます。

「メタネーション」CO2をリサイクルして都市ガスの主原料であるメタンをつくる技術 二酸化炭素(CO2)+水素(H2)=都市ガス (合成メタン) CH4 →供給「既存のガス機器やガス導管などを有効活用でき、インフラの追加コストが不要」→排出 二酸化炭素(CO2) 排出量と回収量が同等!
  • 大気中に放出されるものを
    回収

    二酸化炭素CO2

  • 再生可能エネルギー由来

    水素H2

  • 都市ガスの主原料

    合成メタンCH4

動画サムネイル「ハロー!メタネーション」

具体的な取り組み

Daigasグループの

カーボン
ニュートラルに
向けての取り組み
全体像

APPROACH TO Daigas Group
CARBON NEUTRAL VISION

Daigasグループは、熱(ガス体)エネルギーと電気エネルギーの低・脱炭素化を推進することで、カーボンニュートラル実現を目指します。

Daigasグループ
2050年カーボン
ニュートラルへの挑戦

(ガス体)エネルギーの低・脱炭素化

NOW低炭素エネルギーへの移行・
脱炭素ソリューションの提供
※カーボンニュートラルLNGなど
FUTURE脱炭素ソリューションの提供

電気エネルギーの低・脱炭素化

カーボンニュートラルを実現するための

都市ガス業界の挑戦!

CHALLENGE

日本ガス協会では、ガスのカーボンニュートラル化による脱炭素社会への貢献を図るため、2020年11月に「カーボンニュートラルチャレンジ2050」を公表しました。2021年には、その実現に向けた実行計画として具体的な取り組みやロードマップをとりまとめたアクションプランを策定しました。

CARBON NEUTRAL CHALLENGE
2050 ACTION PLAN

カーボンニュートラル
チャレンジ2050
アクションプラン

脱炭素化への取り組みがさまざまなエネルギー分野で行われている中、都市ガス業界でもさまざまな取り組みに挑戦しています。

  • 2030
    ガスのカーボンニュートラル化率
    5%以上を実現メタネーションの実用化を図る(カーボンニュートラルメタンの
    都市ガス導管への注入1%以上)
  • 2050
    複数の手段を活用し、ガスのカーボンニュートラル化の実現を目指す

    2050年ガスの
    カーボンニュートラル化の実現に
    向けた姿

    グラフ「ガス全体に占める比率」90%:
    • グラフの数値はイノベーションが順調に進んだ場合の到達点の一例を示すもの
    • 水素やCO2等は政策等と連動し、経済的・物理的にアクセス可能であるという前提
    • ※1.天然ガスの採掘から燃焼に至るまでの工程で発生する温室効果ガスを森林の再生支援などによるCO2削減分で相殺したLNG(液化天然ガス)
    • ※2.Direct Air Carbon Capture with Storage(CO2の直接回収・貯留技術)
    • ※3.脱炭素製造された水素とCO2を合成したメタン(合成メタンともいう)
    • メタネーション設備の大容量化の課題、安定的かつ低廉な水素調達等、大きな課題への解決にチャレンジ
    • 不確実性は多いが、脱炭素化に資する様々な手立てを駆使し、実現に向けてチャレンジ
引用元:日本ガス協会「カーボンニュートラルチャレンジ2050アクションプラン」

都市ガスのカーボンニュートラルに
ついて知りたいかたはこちら

Go! ガステナブル 日本ガス協会
動画サムネイル「2050年カーボンニュートラル社会の実現へ」