2030年度に目指す姿と
足元の概況- 国内エネルギー事業 -

Our
Businesses

国内エネルギー事業をガス製造・販売、ガス配給、電力発電・販売の3つの事業分野に整理し、各事業の強化により新時代のエネルギーマーケターとしての展開を図ります。

関西圏のお客さまに都市ガスを安定的かつ安心・安全にお使いいただくことはもちろん、電力・LPG事業の拡大、ライフサポートやユーティリティエージェントとしての一括サービスの拡充を図ることで、エネルギー&サービスを総合的に提供していきます。さらに、関西圏で培ったノウハウ・サービスをアライアンスにより広域に展開していきます。

このような「お客さまの期待」「事業の枠」「企業の枠」を超える活動により、お客さまアカウント1,000万件の目標を2030年度から前倒しで実現することを目指します。

2021年3月期の実績
売上高11,633億円
セグメント利益 803億円
※営業利益+持分法による投資損益

2030年度に向けた成長投資
5,200億円
※2018年3月期~2031年3月期累計(計画)

お客さまアカウント数(万件)

売上高(億円)

セグメント利益(億円)

2019年3月期から、大阪ガスエンジニアリング(株)のセグメントをLBSから国内エネルギー・ガスに変更。2018年3月期の実績は、変更後の内容で記載。
2020年4⽉に(株)ガスアンドパワー(国内エネルギー・電⼒)をDaigasガスアンドパワーソリューション(株)(国内エネルギー・ガス)に吸収合併。2020年3月期の実績は変更後の内容で記載。